本日の「払った側はたまらんわ!」 平塚競輪

本日の「払った側はたまらんわ!」 平塚競輪

本日の「払った側はたまらんわ!」 平塚競輪

#keirin #競輪 #公営競技
–Quoted from wikipedia–
Keirin (競輪 / ケイリン, [keːɾiɴ]) – literally “racing cycle” – is a form of motor-paced cycle racing in which track cyclists sprint for victory following a speed-controlled start behind a motorized or non-motorized pacer. It was developed in Japan around 1948 for gambling purposes and became an official event at the 2000 Olympics in Sydney, Australia.

Riders use brakeless fixed-gear bicycles. Races are typically 1.5 kilometres (0.93 mi) long: 6 laps on a 250 m (270 yd) track, 4 laps on a 333 m (364 yd) track, or 4 laps on a 400 m (440 yd) track. Lots are drawn to determine starting positions for the sprint riders behind the pacer, which is usually a motorcycle, but can be a derny, electric bicycle or tandem bicycle. Riders must remain behind the pacer for 3 laps on a 250 m (270 yd) track. The pacer starts at 30 km/h (19 mph), gradually increasing to 50 km/h (31 mph) by its final circuit. The pacer leaves the track 750 m (820 yd) before the end of the race (3 laps on a 250 m (270 yd) track). The winner’s finishing speed can exceed 70 km/h (43 mph).

Competition keirin races are conducted over several rounds with one final. Some eliminated cyclists can try again in the repechages.

Keirin races in Japan begin with the cyclists parading to the starting blocks, bowing as they enter the track and again as they position their bikes for the start of the race. Every participant is assigned a number and a colour for identification and betting purposes.

At the sound of the gun, the cyclists leave their starting blocks and settle into a position behind the pacer, who is another keirin bicyclist wearing purple with orange stripes. Cyclists initially settle into different groups, referred to as “lines”, where they try to work together with others to maximize their chance of winning.

As the pace quickens, the pacer will usually depart the track with between one and two laps remaining, though the actual location where the pacer leaves varies with every race. With 1+1⁄2 laps remaining, officials begin sounding a bell or gong, increasing in frequency until the bicyclists come around to begin the final lap.

Keirin ovals are divided into specific areas: The two straightaways (homestretch and backstretch), the four turns (corners), and two locations called the “centre”, referring to the area between corners 1 and 2 (1 centre) and corners 3 and 4 (2 centre).

The race is monitored by referees. Two of the referees are stationed in towers along the backstretch (2nd and 3rd corners), while others review the homestretch area from a control room using closed-circuit cameras. Once the race has finished, a referee can signal a possible rule violation by illuminating a red light at the corner nearest to where the infraction may have occurred, or by waving a red flag. Judges then examine the video of the race and decide if a competitor committed a rules violation and should be disqualified. Once the order of finish is finalised, the race is declared official and the winning bets are paid.

–wikipediaより引用–
競輪は自転車競技法に基づいて運営されており、主催者は地方自治体である。監督官庁は経済産業省(製造産業局車両室)で、運営統括は公益財団法人JKA。運営を補佐する団体として全国競輪施行者協議会 (全輪協)、日本競輪選手会がある。

地方自治体は所管省庁の経済産業省へ競走の開催を届け出、競輪選手と呼ばれるプロの選手達と「競輪場」と呼ばれる自転車競技場における競走出場に関する契約を交わす。番組編成、選手管理、審判など、実際の自転車競走の運営については競輪場の存在する各地域のJKA競輪競技実施事業本部(旧・日本自転車競技会)の支部へ委託している。審判の方法など、受け持つ支部によって運営手法に違いがある。

競輪選手の登録・あっせん、育成については中央団体である公益財団法人JKAが行ない、2014年4月からは審判および番組編成・選手管理・検車の4つの業務もJKAが管掌している(経済産業省はJKAを通して競輪選手、競技会、施行者などの監督指導を行う) 。

勝者投票券(車券)の売り上げ金のうち75%は払戻金に充て、残り25%から一定額を選手賞金などの経費やJKAへの交付金(約3.3%)、公営企業金融公庫への納付金(約0.2%)を差し引いた額が純益として地方自治体の歳費となる。

競輪の収益金は、監督するJKAに納付される売上を元に各種の補助事業が行われ社会に還元されただけでなく、主催者として運営する自治体に多額の収入をもたらしたことで自治体財政を健全化し、戦災復興や公共施設の建設などに貢献することになった。収益金の使途として最も多かったのは主として土木事業費であるが、競輪のイメージ向上への期待も込めて、教育、福祉関連事業にも多くの費用が投入された。通産官僚の佐橋滋らによる発案で、当時資金調達が困難だった国産トランジスタ計算機の研究開発に競輪収益をあてたエピソードもある。

日本のプロスポーツでは選手数が最も多い競技とされ、2,300人程度で構成されている(2019年12月31日時点、2,325人)。また初期には女性選手による「女子競輪」が1964年(昭和39年)まで開催されたほか、2012年(平成24年)7月1日から女子選手による「ガールズケイリン」が開催されている。

創設以来、日本独自のものであったが、現在は日本側による技術指導の下、韓国で国民体育振興公団(および地方自治体)が主催者となり、国内3つの競輪場で開催している。なお、過去には、1949年5月にタイとの間で競輪輸出契約がまとまり日本以外で初の競輪が開催される予定であったが、直後の政変によりご破算となった(競輪二十年史では「ピブン政権の失脚により」との記述があるが、史実ではピブン政権の失脚は1957年)。このほか、アメリカ占領下にあった沖縄でも競輪開催の動きがあったが結局立ち消えになっている。

動画カテゴリの最新記事